家族葬で気を付けなければいけないことは

最近は葬儀にお金をかけたくないという人も増えています。

そこで人気を集めているのが家族葬です。

家族葬はその名のとおり家族だけで葬儀を行うことです。

家族だけで済ませるので余計な気を遣うことがないうえ、人数が少ないので葬儀の費用も抑えることが可能です。

ただしメリットばかりではありません。


たとえばこの葬儀は新しい形態の葬儀ですので、親族の中には反対する人が出てくる可能性があります。特に葬儀に出席できない親族もでてきますので、場合によっては親族との間で後々まで禍根を残す結果になりかねません。

また費用についても考慮しなければいけないことがあります。


家族葬は参列者が家族だけになりますので、それだけ香典も集まりません。香典には葬儀費用の助け合いの意味合いもあり、一般的な葬儀の場合は葬儀費用に香典を充当するのが当たり前です。

家族葬に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ところが家族葬は香典で得られるお金が極端に少なくなりますので、葬儀にかかる費用は基本的に持ち出しとなります。葬儀費用が安くても、支払いの自己負担額が大きくなれば金銭的なメリットは少なくなります。費用のことだけを考えるのであれば、一般的な葬儀と比べてどれくらいの差があるのかをしっかりと検討したほうがいいでしょう。

朝日新聞デジタルについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

このように家族葬には新しいタイプの葬儀ゆえのデメリットもあります。


残された遺族だけに負担をかけるのは問題ですので、もしこの葬儀を検討している場合は生前からよく話し合いをして、親族にもしっかりと伝えておくようにしましょう。



社会の補足説明

葬儀業界は、暗黙の了解として地域の葬儀業者が独自に葬儀費用の相場を決めていたい面があり、料金体系が明瞭化しつつある現在でも同じ祭壇や棺でも葬儀業者によって見積もりや価格が大きく異なる事が多々あります。背景には、不幸な事に対する事前準備は不幸を呼び込むとして忌み嫌われて来た経緯がある上に、人の亡くなる場所が自宅から医療機関に変わった事により葬儀業者を医療機関から紹介され、紹介された葬儀業者の口車に踊らされ非常に高額な葬儀費用になってしまう負の流れがあります。...

more

社会の事柄

家族葬とは、一般的な葬儀よりも小規模ながら家族や親族のみ、もしくはごく親しい友人のみを弔問客として迎えて執り行われる葬儀のことを指します。一般的な葬儀では多くの関係者に連絡をしたり当日までの準備、手配など慌ただしく、遺族が故人を偲ぶような時間などなかったりすることが多いのですが、家族葬では在りし日の思い出話を親しい者同士で語り合ったりと、本当に真心のこもった葬儀を行うことができるのです。...

more

納得の事実

家族の中で誰かが亡くなった時、以前は個人、家における問題というのではなく、地域社会全体の共同事業のようなものでした。葬儀を行う時も喪主や遺族は何の意見もなく、その地域の長老ともいうべき人に葬儀全体の事を聞き、地域の人たちにはそれぞれに役割を与えていました。...

more

社会の話

家族葬は、一般の葬儀と同様に医療機関から遺体を引き取り、通夜及び葬儀後に火葬し埋葬しますが、参列者や弔問客の人数が非常に少ない事が大きな相違点です。加えて、弔問客や参列者が少ない事で返礼品や振る舞い膳、精進落とし料理などの手配の必要が無く、一般の葬に比べて葬儀費用のトータルコストが安く抑えられるメリットや埋葬までの限られた時間で故人を偲び冥福を祈る事が出来るメリットもあります。...

more